どんなサークル?

どんなサークル?

慶應義塾大学・日本女子大学混声合唱団コール・メロディオン(コルメロ)は、1950年から続く伝統ある合唱サークルです。双方の大学より文化団体として正式に認められています。
毎年12月に定期演奏会を行っており、週3回の通常練習および春・夏の合宿を通して演奏会に向けて練習を重ねています。団員数は現在約60名です。
1年間の活動は…
  □新入生オリエン(4月上旬)
  □入団式(4月下旬)
  □新歓合宿(5月上旬)
  □慶早戦観戦(5月下旬〜6月上旬)
  □前期ステージ(6月中旬〜下旬)
  □夏合宿(8月下旬〜9月上旬)
  □日本女子大の学祭へ参加(10月下旬)
  □定期演奏会(12月)
  □フェアウェルコンサート(2月上旬〜中旬)

先生方の紹介

常任指揮者 坂本和彦

東京音楽大学指揮科卒業。三石精一氏に師事する。
在学中チューリッヒ音楽院(指揮および宗教音楽専攻)へ留学。フェルディナント・ライトナーおよびF.エーゲルマン両氏に師事。音楽院院長でありチューリッヒ歌劇場音楽監督でもあるライトナー氏の推薦を受け同歌劇場の指揮研究員になり、2年後副指揮者になる。留学中ザルツブルグにて、オトマール・スウィトナー氏、ミュンヘンにてウォルフガング・サヴァリッシュ氏の指導を受ける。
4年間の留学後帰国し、財団法人日本オペラ振興会(藤原歌劇団、日本オペラ協会)を中心に活動を始め、同振興会公演のほとんどの合唱指揮、副指揮者を務め研鑚を重ねる。1985年、日本オペラ振興会公演「三人の女の物語」で、本公演にデビュー。
以後、他団体を含め数多くのオペラを指揮する。主な作品としては、
「魔笛」「コシ・ファン・トゥッテ」「椿姫」「リゴレット」「売られた花嫁」「フィガロの結婚」「アンジェリカ」「ジャンニ・スキッキ」「電話」「泥棒とオールドミス」「こうもり」「チャルダーシュの歌姫」「ボッカチオ」「メリー・ウィドウ」「ヘンゼルとグレーテル」「ボエール」「カルメン」等の他、邦人作品も数多く指揮する。
1991年、国民文化祭 千葉(千葉県主催)では、水野修好作曲・グランドオペラ「ミナモ」の世界初演を指揮し、称賛を得る。文化庁および日本オペラ協会ポーランド公演では石井歓作曲・オペラ「袈裟と盛遠」上演に際し、チーフ音楽スタッフとして参加、合唱指揮および副指揮を務めた。
1990年11月、シノーポリ指揮フィルハーモニア管弦楽団のアシスタント指揮者を務め、1994年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団およびベルリン・ドイツ管弦楽団にて研鑚を積む。
1996年10月、国民文化祭'96とやま(富山県主催)では、富山県五箇山を舞台にした石井歓作曲・オペラ「お小夜」初演を指揮し、好評を博した。(富山市オーバードホール・オープニング)合唱作品でも、東京交響楽団・新星日本交響楽団を始めとするオーケストラと数多く共演している。主な作品としては
「ドイツ・レクイエム」、ブルックナー「ホ短調ミサ」「ニ短調ミサ」、モーツァルト「レクイエム」、バッハ「ロ短調ミサ」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、フォーレ「レクイエム」、グノー「チェチーリア・ミサ」、シューベルト「ホ長調ミサ」、ヴェルディ「レクイエム」、ドヴォルザーク「レクイエム」などがある。
特に新星日本交響楽団を指揮してのサントリーホールにおける600名の合唱による、ヴェルディの「レクイエム」では絶賛を浴びた。1998年より新日本フィルとの共演をはじめ、主要オーケストラとのコンサート活動にも積極的に取り組んでいる。また、ミュージカルの分野での活躍も数多く、東宝ミュージカル「王様と私」、「マイ・フェア・レディ」、「その男ゾルバ」等の指揮者を務めている。
現在、東京音楽大学および附属高校講師、日本オペラ協会会員指揮者、日本指揮者協会幹事。

男性ヴォイストレーナー 市川和彦

東京芸術大学音楽部声楽科卒業。高丈二、伊藤亘行、E.Lee.Davis、A.Bottion、V.Terranova諸氏に師事。
第23・26回日伊声楽コンコルソ入賞。『芸大メサイア』のテノールソロでデビュー。『メサイア』『第9』をはじめシューベルト、ブルックナー、ドヴォルザーク、ブリテン、バッハ、ベートーヴェン、グノー、ストラヴィンスキー、モーツァルト、プッチーニ、サンサーンス等の宗教曲のソロに出演。
オペラでは、藤原歌劇団公演『イル・トロヴァトーレ』『椿姫』『カルメン』『トスカ』『マクベス』『蝶々婦人』、文化庁青少年移動芸術劇場『修善寺物語』『蝶々婦人』、日本オペラ協会『よさこい節』『祝い歌が流れる夜に』『あだ』『春琴抄』『ペトロ岐部』『死神』『那須与一』、尚美学園、四国二期会、栃木県民オペラ、国民文化祭千葉、千葉市、四日市市民オペラ、札幌室内歌劇場、藤沢市民オペラ、国民文化祭みえ、静岡県民オペラ等で、『椿姫』『ボッカチオ』『チャルダーシュの歌姫』『魔笛』『トゥーランドット』『那須与一』『カルメン』『エフゲニー・オネーギン』『ミナモ』『天国の歌姫』『贄のうたげ』に客演。
新国立劇場には、オープニング記念オペラ『建・TAKERU』をはじめ『蝶々婦人』『ナブッコ』『オテロ』『イタリアのトルコ人』『ロメオとジュリエット』等多数出演。。また、宮本亜門演出『ピノキオ』『コジ・ファン・トゥッテ』に出演。
その他NHK・FMリサイタル、ニッポン放送等のラジオ放送に出演。1988年ウィーンを中心にドイツ・イタリアを遊学。1994年12月より1年間、文化庁芸術化在外派遣研修生として渡伊。
また、北京・天橋劇場にて日中国交正常化30周年記念行事・小澤征爾指揮、浅利慶太演出『蝶々夫人』に出演。
藤原歌劇団正団員。日伊音楽協会・日本演奏連盟・高声会会員。

女性ヴォイストレーナー 清水理恵

東京音楽大学オペラコース卒業。同大学同コース研究生修了。
第7回東京音楽コンクール第一位、及び聴衆賞受賞。第41回日伊声楽コンコルソ第二位。
2003年、2011年、イタリア・ボローニャに短期留学。
2005年、文化庁育成事業、『ジャンニ・スキッキ』ラウレッタ役にて、本格的にオペラデビュー後、『椿姫』ヴィオレッタ、『リゴレット』ジルダ、『愛の妙薬』アディーナ、『ラ・ボエーム』ムゼッタ、『カルメン』フラスキータ等、多数のオペラに出演。
また、『第九』、モーツァルト『戴冠ミサ』、フォーレ『レクイエム』、ラター『マニフィカート』、コダーイ『ミサ・ブレヴィス』のソプラノソロを務める他、各種コンサートに出演。

ピアニスト 渡辺優美

東京音楽大学器楽学部ピアノ専攻卒業、及び同大学研究科ピアノ伴奏コース修了。
ピアノを鷲見加寿子、後藤美由紀、伴奏法を御辺典一の各氏に師事。
第5回日本アンサンブルコンクール・リートデュオ部門入選。
在学中より器楽、声楽の伴奏を行なう。現在、様々なコンサートで多くの歌手と共演する他、コンクール、オーディション等でも伴奏を行ない、オペラ、合唱のピアニストとしても活動している。
また卒業後「ラ・ルミエール」を結成し、歌とピアノによるコンサートを展開している。

過去の演奏会

回次 会場 演奏曲 指揮
第1回 日本民謡
外国民謡
草野剛
第2回 黒人霊歌
月光とピエロ(清水脩)
草野剛
第3回 蔵王
津軽地方の五つの歌
草野剛
第4回 シューベルト混声合唱曲集より
大中恩合唱曲集より
草野剛・竹中治利
第5回 水のいのち(高田三郎)
レクイエム(フォーレ)
草野剛・斉藤純一郎
第6回 虎ノ門ホール 津軽の旋律(木村繁)
Porgy and Bess(ガーシュウィン)
聖チェチェーリア荘厳ミサ(グノー)
ハレルヤ・コーラス(ヘンデル)
草野剛・佐藤章二
第7回  組曲『若人の歌』
グローリア・ミサ(ヴィヴァルディ)
草野剛・斉藤純一郎
第8回  都会
ウエストサイドストーリー
草野剛・竹中治利・斉藤純一郎
第9回  ミサ・ブレヴィス(林光)
組曲 いろは加留多抄
組曲 小さな目
斉藤純一郎
第10回 杉並公会堂 風と花粉(大中恩)
二声と三声のための無伴奏合唱曲(バルトーク)
マトラの風景(コダーイ)
レクイエム(モーツァルト)
ハレルヤ・コーラス(ヘンデル)
斉藤純一郎・草野剛・堀雅男
第11回 九段会館 阿波祈祷文(清水脩)
子守唄よ(清水脩)
太海にて(多田武彦)
レクイエム(ケルビーニ)
松本紀久雄・小山衛一・岩瀬早紀子
第12回 杉並公会堂 セント・セシリア(ブリテン)
ピアノ伴奏による五つの歌(大中恩)
グローリア・ミサ(ヴィヴァルディ)
松本紀久雄・藤井久美子
第13回 虎ノ門ホール ロシア民謡
千曲川の水上を恋ふる歌(小山章三)
美しく過ぎゆくもの(小山章三)
レクイエム(フォーレ)
松本紀久雄・堀井雅美
第14回 虎ノ門ホール 水のいのち(高田三郎)
風紋(石井歓)
レクイエム(モーツァルト)
松本紀久雄・古戸理
第15回 銀座中央会館 在りし日に寄せて(遠藤雅夫)初演
月光とピエロ(清水脩)
ハレルヤ・コーラス(ヘンデル)
聖チェチェーリア荘厳ミサ(グノー)
松本紀久雄・草野剛・小杉直弘
第16回 銀座中央会館 ミサ・ト長調(シューベルト)
京都(多田武彦)
マザーグースの歌:合唱版(青島広志)委嘱初演
松本紀久雄・土屋善弘
第17回 浅草公会堂 日本の四季の歌(中田喜直)
ドイツレクイエム(ブラームス)
坂本和彦・土屋善弘
第18回 浅草公会堂 心の四季(高田三郎)
運命の歌(ブラームス)
レクイエム(フォーム)
坂本和彦・山本卓也
第19回 浅草公会堂 ドイツ民謡(ブラームス)
白い世界(助川敏弥)
カルミナブラーナ(オルフ)
坂本和彦・水田潤
第20回 浅草公会堂 岬の慕(團伊玖磨)
ミサ曲第3番へ短調(ブルックナー)
坂本和彦・遠藤定則
第21回 郵便貯金ホール 白い木馬(萩原英彦)
ミサ曲第6番(シューベルト)
坂本和彦・安念鉄洋
第22回 簡易保険ホール クレーの絵本第1集(三善晃)
ドイツ・レクイエム(ブラームス)
坂本和彦・中野一男
第23回 中央会館 7つの歌(ブラームス)
3つの民謡(シェーンベルグ)
ミサ曲第2番ホ短調(ブルックナー)
坂本和彦・石塚好司
第24回 練馬文化センター クリスマスのための4つのモテット(プーランク)
混声合唱のためのうたより(武満徹)
レクイエム(モーツァルト)
坂本和彦・佐藤義仁
第25回 簡易保険ホール コダーイ合唱曲集より
ミサ曲第3番へ短調(ブルックナー)
坂本和彦・伊東 理
第26回 浅草公会堂郵便貯金ホール 優しい歌(小林秀雄)
水のいのち(高田三郎)
ミサ曲ニ長調(ドヴォルザーク)
坂本和彦・郡司隆行
第27回 郵便貯金ホール 2つのモテット(ブルックナー)
6つの子守唄(池辺晋一郎)
レクイエム(フォーレ)
坂本和彦・高見光一
第28回 郵便貯金ホール 落葉松(小林秀雄)
ミサ曲ロ短調(バッハ)
坂本和彦・松尾一孝
第29回 簡易保険ホール 旅の途の風に(佐藤敏直)
混声合唱のためのうたより(武満徹)
レクイエム(モーツァルト)
坂本和彦・芦谷武彦
第30回 北とぴあ/さくらほーる 心の四季(高田三郎)
ドイツ・レクイエム(ブラームス)
坂本和彦・瀧川佳代
第31回 昭和女子大学人見記念講堂 日本抒情曲集(林光)
水のいのち(高田三郎) /ミサ曲ハ長調(ベートーヴェン)
坂本和彦・原田研
第32回 昭和女子大学人見記念講堂 季節へのまなざし(荻久保和明)
グロリア・ミサ(プッチーニ)
坂本和彦・石川耕嗣
第33回 府中の森芸術劇場どりーむホール ドイツミサ(シューベルト)
夢のかなう夜に 〜 オペラ・オペレッタ・ミュージカル合唱曲集
坂本和彦・山口りか
第34回 昭和女子大学人見記念講堂 わたしの願い(高田三郎)
レクイエム(ドヴォルザーク)
坂本和彦・高橋暁子
第35回 府中の森芸術劇場どりーむホール 光る刻(木下牧子)
ドイツ・レクイエム(ブラームス)
坂本和彦・松本由紀
第36回 府中の森芸術劇場どりーむホール 花に寄せて(新実徳英)
レクイエム(モーツァルト)
坂本和彦・金子圭一
第37回 府中の森芸術劇場どりーむホール マザーグースの歌(青島広志)
心の四季(高田三郎)
戴冠ミサ曲(モーツァルト)
坂本和彦・野崎篤志
第38回 中野ZEROホール 地平線のかなたへ(木下牧子)
ミサ曲第6番(シューベルト)
坂本和彦・岩田充展
第39回 中野ZEROホール 飛行機よ(萩京子)
レクイエム(シューマン)
坂本和彦・中村祐介
第40回 昭和女子大学人見記念講堂 うたよ(木下牧子)
ドイツ・レクイエム(ブラームス)
坂本和彦・東秀憲
第41回 ティアラこうとう(江東公会堂) 邦人曲アラカルト
荘厳ミサ(ベルリオーズ)
坂本和彦・比治雅裕
第42回 ティアラこうとう(江東公会堂) 方舟(木下牧子)
クリスマス曲集
ミサ曲 第1番 ヘ長調(シューベルト)
坂本和彦・高橋理彩
第43回 めぐろパーシモンホール はだか(鈴木輝昭)
聖チェチェーリア荘厳ミサ(グノー)
坂本和彦・竹田瑛典
第44回 かつしかシンフォニーヒルズ 思い出すために(信長貴富)
ハ長調ミサ(ベートーヴェン)
坂本和彦・原康紘
第45回 昭和女子大学人見記念講堂 心の四季(高田三郎)
ドイツ・レクイエム(ブラームス)
坂本和彦・小池紘子
第46回 めぐろパーシモンホール 水のいのち(高田三郎)
グロリア・ミサ(プッチーニ)
坂本和彦・加藤賢太郎
第47回 なかのZEROホール 光と風をつれて(木下牧子)
演出ステージ
坂本和彦・佐々木翔平
第48回 パルテノン多摩 落葉松(小林秀雄)
カルミナ・ブラーナ(オルフ)
坂本和彦・重田理恵
第49回 杉並公会堂 旅(佐藤眞)
レクイエム(モーツァルト)
坂本和彦・榎本峻
第50回 サントリーホール 運命の歌(ブラームス)
レクイエム(ヴェルディ)
坂本和彦・牧野竜馬
第51回 大田区民ホール アプリコ 夢見たものは(木下牧子)
ドイツ・レクイエム(ブラームス)
坂本和彦・青木智恵子